塾長・大串 一郎(おおぐし・いちろう) 

1976年佐賀県生まれ。弘学館中学校・高等学校,国際基督教大学(ICU)教養学部卒。

高1の夏に米国カリフォルニア州へのホームステイプログラム(ISA福岡支社主催)に参加,得意だったはずの英語がまったく通じないことに衝撃を受け,学校での英語教育に疑問を抱き始める。さまざまな英語学習法を試行錯誤した末,高2で英検準1級合格,高3でTOEICスコア825,TOEFL(旧PBT)スコア590を達成。国際基督教大学(ICU)の入試では首席合格を果たし,同入学式で新入生代表宣誓を務める。

ICU卒業後,一橋大学大学院商学研究科に進学し経営戦略論・経営組織論を学ぶ。2002年より都内の家庭教師会・鉄人会NEXTで認定プロ家庭教師として主に私立中高一貫校生や大学附属高生を担当。正確な発音の徹底と音読・リスニングを中心に据えた異色の指導スタイルは抜群の効果を上げ生徒保護者から強い支持を得る。

旧来の受験英語における「例外的な文法知識イコール高度な英語力」という枠組みに強く異議を唱えると同時に, コミュニケーション重視の名の下にまるで「九九を教えずに方程式を解かせる」ような会話・作文指導が横行する状況に危機感を覚え2011年に独立,故郷である佐賀県吉野ケ里町にて英語専門塾Good Chance Academy(GCA)を開校。

2020年大学入試改革に向けて四技能化やアクティブラーニングといった新しい言葉ばかりが先行する風潮にあっても,音読・リスニングの徹底による読解力の養成がすべての基本であるという方針は独立後も揺らぐことはない。現在では地元のみならず福岡市・鳥栖市・久留米市などの都市部から多くの生徒が通うようになり「なぜか長文がスーッと頭に入ってくるようになった」「学校で習った文法の役割がやっと理解できた」「リスニングと読解が実は同じスキルだということに気づいた」等々,生徒たちの目から日々ウロコを落とし続けている。

2017年3月,福岡市内でも指導してほしいとの声に応え,姉妹校 Good chance English Training(GET) 福岡天神校を開校。

著書に『改訂第四版 秘伝のセンター英語』(共著,エール出版刊)。趣味はマウンテンバイク,海外ドラマ鑑賞。愛犬家。TOEICスコア960。



佐賀県 吉野ケ里町の英語専門塾 グッドチャンスアカデミー(GCA) 大学受験 高校受験 英検 TOEFL TOEIC

Powered by Webnode